そこが知りたい!シリーズ

誰もが知りたいのに、なかなか教えてくれないレアな内容を暴露しています。
これを知るだけで劇的に稼げるようになるテクニックから、ちょっとしたおもしろエピソードまで、こっそり教えます(^^)




アフィリエイトで効果的に広告商品を売る技!「おとり効果」

アフィリエイトサイトを運営していると、いくら広告を貼っても、

なかなか購入してもらえないという悩みをよく聞きます。

僕知人のYさんという人も、同じ悩みを抱えていました。

アクセスもそれなりにあり、サイト自体もなかなかのできなのに、

まったく商品が売れていないようでした。

Yさんは男性・女性両方のハゲの悩みに関するサイトを

作っていたのですが、内服薬(飲み薬)の紹介ページから、

商品のランディングページに誘導していました。

しかし、アクセスはけっこうあり、一人あたりの

サイト滞在時間もけっこう長いにも関わらず、

商品はまったく売れていませんでした。

そのページでは、とある内服薬をひとつ広告していたのですが、

僕はこの紹介の仕方に原因があると思い、Yさんに、

紹介する商品を3つにするようアドバイスしました。

ですが、Yさんは、

「あまり色々紹介しても、よけい迷わせてしまうし、

ひとつに絞った方がよくないでしょうか。。」と心配されていました。

ですが、僕は3つ用意するようにお願いをしました。

ただし、今紹介している商品は、価格的にも

報酬金額が多く、商品も魅力的だったので、

これよりも安い商品を2つ探すよう、

アドバイスしました。

そして、その3つをおすすめ順にランキングをつけて

同じページ内で紹介するように変更してもらいました。

もちろん一番はもともとの商品、そしてあとは値段の高い順です。
すると、なんと変更したその日のうちに1位の商品が

1つ売れ、以降は、毎日コンスタントに1~3つくらい、

売れるようになったのです。

選択肢ではなく、比較対象を与える

では、ランキングにした事で何が変わったかというと、

「比較する対象を与えた」という事になります。

商品には色々なアピールポイントがありますが、

育毛剤を探している人は、やはり

「効果があるかどうか」を重視する人が多いと思います。

今回、おすすめ1位の商品は、効果を強くうたっている

だけに、金額も高めの商品でした。

売り手側としても、やはりあまり利益のない安い

商品よりは、ある程度高い商品を買ってもらいたいので、

この商品を買ってもらえるよう、

安くて効果の劣る(あくまでイメージとして)

商品を2位、3位に紹介する配置にしました。

そうすることによって、

「やっぱり1位の商品は効果がありそうだな」と強く

印象づける事ができ、ひとつだけを紹介しているよりも、

購買意欲を高めることができるのです。

同時に、「選ぶ楽しさ」も与えることができます。

ひとつだけを紹介してしまうと、

「もっと他の商品も見てみたいな」と思われ、

違うページや違うサイトに離脱されてしまいます。

一旦離脱したユーザーがまた戻ってきてくれる事は、

ほぼありません。

なので、ページ内で複数の商品を同時に紹介する事で、

探しにいかなくても、この場で結論を出せるように

誘導できるのです。

つまり、追加したふたつは「おとり」のようなものですね。

このやり方のポイントは、売りたい商品を最初から決めておき、

おとり商品との落差をつける事が大事です。

どの商品にも違った魅力があったり、値段も近かったりして

甲乙つけがたい状況だと、ただ迷わせてしまうだけで、

結局購入に結びつかなくなってしまいます。

ですので、読み手に伝わるようにこっそりと、しかしはっきりと

差をつけるのが重要になります。
ただし、ひとつの商品を持ち上げるために

別の商品を貶めるような紹介は絶対にやめましょう。

それぞれの商品に、作っているメーカーさんがいますので、

非難めいた紹介はいけませんし、読み手にも不快感を与えて

しまいますので、上手にメリット・デメリットを伝えましょう、

Yさんいわく、売れるのは1位と3位だそうで、

2位は全然売れないそうです。

消費者心理としては、「効果か値段か」ということなんでしょうね。

2位の商品はどっちつかずの商品に見えてしまうんでしょうね。

このように、ただ広告を貼るだけでなく、上手に

お客さんの心理をを読みながら、ページを作っていくのが

アフィリエイトでは大事になります。

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

それでは、コウジでした!


この記事がお役に立てましたら、
シェアやお気に入りに追加してくれると嬉しいです(^^)

~合わせて読みたい!同じカテゴリーの記事~

コメント

  1. こんにちは。
    おとり効果でお客様の心理を読みながら記事を作る。
    以前からランキングにしたほうが良いと聞いていましたが
    何故かは知らず、記事を読み勉強になりました。
    またお邪魔させて頂きます。応援ポチ完了です!

    • koukou5023 より:

      ヒルアンドンさん

      コメントありがとうございます(^^)
      ランキング形式は本当におすすめです。
      ですが、ただランキング形式にするだけではうまく購入まで誘導できませんので、
      買ってもらいたい商品、比較対象となる商品に強弱をつけて意図的に配置するのが
      コツですね。
      応援ありがとうございます。
      こちらもお邪魔させてもらいます(^^)