そこが知りたい!シリーズ

誰もが知りたいのに、なかなか教えてくれないレアな内容を暴露しています。
これを知るだけで劇的に稼げるようになるテクニックから、ちょっとしたおもしろエピソードまで、こっそり教えます(^^)




SEOと更新頻度の関係 1日に1記事を書くことは本当に重要か?

seo0<目次>

更新頻度はどのくらい影響するのか毎日書いたからといって、SEOの評価は上がらないせっかくのキーワード・テーマを無駄にしてしまう良質かつ更新頻度の高い記事を書く方法まとめ

よく、1日に1記事を書く事を目標にしている人がいますが、

これは本当に有効なのでしょうか。

確かに、アクセスを集めるためには、記事の量は多いに

越したことはありません。

記事が多ければそれだけ入り口が増えますし、

毎日記事を書いているサイトは、

頑張っている印象があります。

では実際のところ、毎日記事を書くことが本当にSEO上、

評価されるのかについて今回はお話したいと思います。

更新頻度はどのくらい影響するのか

更新頻度についてはさまざまな意見があります。

SEOのアルゴリズムについては明確に公開されていませんが、

コンスタントに更新されているサイトほど、SEOの評価が

高くなって検索上位に上がりやすくなると考える人もいます。

なぜかというと、サイトがクロールされる頻度は、

ページが更新される頻度に従って決まると言われているためです。

クロールとは、クローラと呼ばれるGoogleのロボットがサイトを

訪れる事を言います。

クロールされる事によって、その記事が検索結果に掲載されます。

逆に更新頻度が低いと、クローラが訪れる頻度は下がる傾向にあります。

つまり、クローラはよく更新されるサイトは頻繁に訪れるようになり、

あまり更新されないサイトにはあまり訪れないという事です。

そのため、よくクロールされるほうが

上位表示されやすくなると考えられがちです。

毎日書いたからといって、SEOの評価は上がらない

しかし、毎日更新すれば評価が上がるのか

と言われれば、そんなことはありません。

確かにコンスタントに更新する事によって、

クロールされる頻度は上がります。

しかし、クロールされたからと言って上位表示が

約束されるわけではありません。

上表示されるかどうかは、コンテンツの質によって決まるので、

ただ更新頻度が高ければよいというわけではありません。

頻繁にクロールされても、内容が薄ければ上位表示されませんので、

更新頻度ばかり高くても意味はないのです。

せっかくのキーワード・テーマを無駄にしてしまう

記事を書くペースばかりをあげようとすると、

必ず記事のクオリティが下がります。

文字数や情報量も減り、ただ単に雑な記事が増えていくだけの悪循環に陥ります。

そうなると、せっかく競合の少ないキーワードで記事が書けても、

内容の薄いものになってしまいます。

星の数ほどのサイトがある中で、ライバルの少ない

キーワードを探すのはなかなか大変です。

なのにせっかく見つけたキーワードを薄い内容の記事で

終わらせてしまったら、これほど無駄な事はありません。

いいキーワードの調べ方はこちらで説明しています(新しいタブで開きます)

1日1記事を目指して、誰の興味もひかない記事を書いても、

すぐに読者に離脱されてしまう記事になってしまいます。

すぐに離脱されるページはSEO的に評価が低くなり、

上位表示されません。

よい記事は、長い時間滞在され、多くの被リンクも獲得し、

リピーターも多くなります。

人の集まるページはSEOの評価も高くなり、上位表示されやすくなるのです。

良質かつ更新頻度の高い記事を書く方法

内容の濃い、人の集まる記事を書けば評価は高くなります。

なおかつ、更新頻度が高いと、クロールされる頻度も上がります。

そのためこの2つが重なると、検索結果の上位に表示されやすくなります。

両方を満たすのは簡単ではありません。

ですが、これを可能にする方法があります。

それは、既存の記事を更新する方法です。

すでに書いた記事であっても、後でもう少し追記したい事がでてきたり、

内容として間違っていたりする事があります。

それをこまめに更新する事で、記事の内容もよくなり、

更新頻度も上がります。

その結果、SEOの評価も上げる事ができます。

ですから、すでに書いた記事と類似するような

ネタができた時は、変に新しい記事を書くよりも、

既存の記事に追加する形のほうがよい結果になりますのでおすすめです。

内容の薄い記事を量産するよりも、内容の濃い記事を

ひとつに集約するのも有効な手段として覚えておきましょう。

まとめ

やみくもに1日1記事を書くよりは、いいキーワード、

いいテーマを見つけたら、しっかりと掘り下げて

内容の深い記事を書くことに全力を注ぐべきです。

せっかくいいネタを思いついても、記事を量産しようと

スピードを重視してしまっては、本末転倒です。

いいキーワードやテーマは、そうそうたくさん

見つかるわけではないので、ヘタな鉄砲をたくさん打つよりも

質を重視してしっかり書く事を強くおすすめします。

いいキーワードの調べ方はこちらをどうぞ

↓↓↓↓↓↓

アフィリエイトで稼げない 挫折する人に共通するのはこれだけ!

それでは、コウジでした!


この記事がお役に立てましたら、
シェアやお気に入りに追加してくれると嬉しいです(^^)

~合わせて読みたい!同じカテゴリーの記事~

コメント

  1. はじめまして、きりとともうします。

    毎日記事を書いたとしても質が悪ければ
    時間をかけて記事を書いてもあまり意味がないですよね。

    記事を量産するよりも質を重視していくほうが
    かなり良いと僕も思います。

    応援をしていきますね。

    • koukou5023 より:

      きりとさん

      はじめまして(^^)

      質のいい記事を書かないと、人にとっても自分にとっても
      意味がないですよね。
      ただ記事を量産しているだけでは、時間も労力ももったいないので、
      内容のある記事を書こうという意識があるだけで、
      かなり結果は違ってくると思います。

      応援ありがとうございます(^^)
      こちらもお伺いさせて頂きますね。

  2. 秋山 より:

    コウジさん、こんばんは。

    非常に共感できる内容の記事でした。
    更新速度を上げればコンテンツの質は低くなるので、
    そのあたりのバランスが難しいところですね(^_^;)

    質の高い記事を早く提供できれば最高ですが、
    よほど文章がスラスラと出てくる人でないと厳しいですし。

    私はそのタイプではないので、
    更新頻度は捨てて、記事の質を高めることにしてます。

    応援していきます!

    • koukou5023 より:

      秋山さん

      僕も最初の頃は必死で記事を量産していたんですが、一向にアクセスが増えませんでした。
      それで記事の質を上げることに集中するようにしたら、ある時一気に
      アクセスが上がったんですよね。
      Googleにも読者にも好かれる記事を書くこと、これが一番大事ですね(^^)

  3. ゆっぴ より:

    初めまして
     
    内容の深い記事を書くこと
    質を重視してしっかり書くこと

    勉強になります。
    ありがとうございます。

    応援します。

    • koukou5023 より:

      ゆっぴさん

      はじめまして。
      内容をしっかり考えながら記事を書く週間が身につくと、自然に
      スピードもあがりますので、結果的に質も量も両方満たした記事を書けるように
      なります。
      応援ありがとうございます(^^)
      こちらもお伺いさせて頂きます。