そこが知りたい!シリーズ

誰もが知りたいのに、なかなか教えてくれないレアな内容を暴露しています。
これを知るだけで劇的に稼げるようになるテクニックから、ちょっとしたおもしろエピソードまで、こっそり教えます(^^)




クリック率・購買率を劇的に上げる驚きの方法

<目次>

テキスト広告のほうが扱いやすいバナー広告はクリック率で選ぶバナー広告は位置やサイズを統一するバナー広告とテキスト広告をうまく使い分ける
超便利なボタン「公式サイトはこちら」
まとめ

テキスト広告のほうが扱いやすい

そこそこアクセスはあるにもかかわらず、

全然広告がクリックされない。されても売れない。

そんな悩みをよく聞きます。

そういう人のページを見ると、ほぼ全員がバナー広告を使っています。

「え?バナー広告だとだめなの?」と思うかもしれません。

ほとんどの人は、広告と言えばバナー広告を想像するでしょう。

メールでの紹介でもないかぎり、広告は

バナーを使うのが当たり前だと思いがちです。

しかし、実際にバナー広告とテキスト広告を

比べた時、一体どっちのほうがクリック

されやすいと思いますか?

bunnerkoukoku2

実は、意外とテキスト広告のほうがクリックされる率が高ったりするのです。

多くの人は、広告はとにかく目立たないといけないと

思いがちです。

そのため、テキスト広告なんて

そもそも選択肢にないかもしれません。

しかし、実は訪問者にとって、

バナー広告は「いかにも広告」なため、

かえって敬遠されてしまいがちです。

ブログを読み進めている途中に、

ドンと広告画像が出てくると、

「また広告か」と思われてしまいます。

それがブログ内のあちこちに

ベタベタとたくさん貼ってあると、

非常に不快に感じ、もう二度と

きてもらえなくなることもあります。

仮にバナー広告をクリックしてくれても、

その先がまた広告である事が多いため、

それだけで嫌気がさして購入までは

進んでくれません。

もちろん、バナー広告が悪いとは言いません。

ですが、扱い方が非常に難しいのがバナー広告なのです。

アフィリエイト上級者は、うまく

バナー広告をブログ内に溶け込ませていますが、

初心者にはなかなかすぐにはマスターできないものです。

ですので最初のうちは、

バナー広告よりもテキスト広告を使うことをおすすめします。

しかし、こんな疑問が出てくるかもしれません。

「テキストの広告なんて、目立たないから誰もクリックしてくれないんじゃない?」

確かに、テキスト広告は目立ちません。

ですが、テキスト広告の最大のメリットは

目立たないところなのです。

目立たないということはすなわち

広告っぽくないという事です。

広告っぽくないからこそ、警戒心が少なく、クリックしてもらえる率が高くなるのです。

ただし、目立たない分、

読者を引きつける記事を書いて

読ませる必要があります。

当然、テキスト広告で紹介する

商品に関係した文章でなければいけません。

商品のメリットをしっかりと伝える

文章を書き、その流れの中で

テキスト広告を配置すれば、

読者に続きを見たいと思わせることができ、

バナー広告よりもはるかに

クリック率してもらえる率が高くなります。

例えば、育毛剤の効果について書いた記事があるとします。

Aという成分とBという成分が育毛に

非常に効果的で、A成分が抜け毛を予防し、

B成分が育毛を促進する効果がありますよ

と説明をして読者をじゅうぶん引き込んだ後、

「98%の人が実感。A成分とB成分の驚きの育毛効果を実証した育毛トニック」

というテキスト広告を配置すれば、

文章の流れの中で読んでくれるので、

心に響きやすくなります。

さらに、広告っぽくないので、

ブログの別ページに行く感覚で

クリックしてくれる確率が高くなり、

リンク先のランディングページで

購入してくれる可能性も高くなるのです。

もしこれがテキストリンクでなく

バナー広告だった場合、

文章に引き込まれて「この商品の事もっと知りたいな」

と、せっかくいいほうに読者の心が傾いていたのに、

派手なバナー広告のせいで

また警戒心を復活させてしまうケースが多いです。

また、うまくクリックしてもらえた

としても、バナー広告をクリックした後、

さらにランディングページに飛ぶと、

「広告」→「広告」という流れになり、

読者に「宣伝されてる感」を強烈に

与えてしまい、購入までには至らない

というパターンに落ちいります。

そのため、バナー広告は上級者向きなのです。

バナー広告はクリック率で選ぶ

バナー広告かテキスト広告かで迷った場合、

まだ慣れていない人はテキスト広告をお勧めします。

もし、バナー広告のほうが効果が

ありそうだなと思った場合は、

どのバナー広告を使うかをよく考えましょう。

初心者はついつい

「これがいい感じだな」

とだいたいのフィーリングで

バナーを決めてしまう事が多いと思いますが、

実はもっと大事な選択基準があります。

それが、クリック率です。

ASPによっては、バナー素材を選ぶとき、

クリック率を表示してくれているところがあります。

例えばA8ネットでは、素材の右側に

クリック率を表示してくれています。

click

赤枠内の左側がクリック率、右側が発生報酬額/クリック率です。

クリック率は

この広告が表示された回数に対して実際にクリックされた割合

を表し、

発生報酬額/クリックは、

1クリックあたりの報酬発生額%を表しており、

高いほど報酬が発生している広告

と言うことになります。

このふたつを目安に、単純にクリック率の高い

バナーを使うのがよいでしょう。

自分の感覚で選ぶよりも、効果的です。

バナー広告は位置やサイズを統一する

バナー広告を貼るときは、

どの記事でも同じ位置に同じサイズ

貼るのが望ましいです。

広告の中身は違ったとしても、

同じ位置にパターン化して表示する

ようにすると、読者はそれが

当たり前に感じるようになり、

抵抗がなくなります。

逆に、バナー広告が記事の上や

途中などに不規則に、しかも

サイズもバラバラに出てくると、

その都度「宣伝されている感」を感じてしまい、

不快に思います。

その点、テキスト広告は、文章の流れに

そって配置するべきなので、必ずしも

同じ位置に配置する必要はありません。

しかもテキストなので、宣伝されている感をあまり感じません。

バナー広告とテキスト広告をうまく使い分ける

このように、バナー広告とテキスト広告にはそれぞれの特徴があります。

バナー広告の最大の特徴は「目立つ」事です。

しかし、目立つからこそ、使い方を

間違えれば読者にとっては

うっとおしいだけのものになります。

例えば、通勤電車の中吊り広告は

目立てば目立つほど効果があります。

それは、通勤中の人はただ電車が

目的の駅につくのを待っているだけの

状態のため、暇つぶしに

広告を眺めたり読んだりします。

そのため広告を不快に思ったりする事はありません。

しかし、ブログを訪問してくれた読者は

記事の内容を読むという目的があります。

その目的の邪魔になるような広告は、逆効果にしかならないのです。

しかし、

明らかに目当ての商品があって

ブログを訪れてくれた人に対しては、

すぐにでも目につくところに

目立つバナー広告を貼っておいたほうが、

クリック率も購買率も上がります。

このように、バナー広告を使う時は、

目立つ事によって不快感を与えないかを

よく考えた上で、配置する事が大事です。

それに対してテキスト広告は、

「目立たない」事、「キーワードと絡めやすい」事が利点です。

読者を引き込めるような記事を

書くことができれば、

その流れにそって自然に

クリックしてもらえる可能性が高まります。

文脈の中に自然に配置できる事が

テキスト広告の利点です。

このそれぞれの特徴を理解して、

うまく配置できるようになれば、

あっという間にアフィリエイトで

稼ぐことができるようになります。

超便利なボタン「公式サイトはこちら」

初心者の人には、まずテキストバナーを使う事が

おすすめだといいました。

ですが、ぜひともクリックしてもらいたい、

しかし明らかに商品の宣伝になってしまう、

というケースも出てくると思います。

そこで、非常に便利なバナーの使い方を

ご紹介します。

それは、「公式サイトはこちら」ボタンです。

kousiki2

「公式サイト」と表現する事で、

商品のことがもっと詳しく書いてある

ページが開くんだなという印象を

与え、広告っぽさが和らぐ効果があります。

稼いでいるアフィリエイターさんが

よく使う方法の一つです。

結局、商品紹介ページが開くので

バナー広告と同じですが、

読者の警戒心を取り除くのに

非常に効果的なので、ぜひ活用して下さい。

まとめ

バナー広告、テキスト広告にはそれぞれ

長所、短所があり、稼いでいる

アフィリエイターは、読者の視点に

立って、これらをうまく使い分けています。

加えて、「公式サイトはこちら」ボタンも

有効に利用し、広告なのに

読者に抵抗を感じさせないように

しているのです。

ただし、勘違いしてはいけないのは、

広告じゃないと思わせて

クリックさせるわけではありません。

仮にそれでクリックさせたとしても、

誰も買ってくれません。

そうではなく、広告だと

わかっていても、抵抗なく

クリックしてもらえる工夫

必要だと言うことです。

初心者アフィリエイターさんに

よくある勘違いは、

「いかにして広告だと思わせないか」

が重要だと思ってしまっている事です。

そうではなく、

広告だとわかっていても

抵抗を感じないお勧めの仕方が

大事なのです。

なかなかクリック率や購買率が

あがらない方は、ぜひ参考にして

見て下さい。

それでは、コウジでした!


この記事がお役に立てましたら、
シェアやお気に入りに追加してくれると嬉しいです(^^)

~合わせて読みたい!同じカテゴリーの記事~

コメント

  1. ジミー より:

    コウジさん
    はじめまして。
     ジミーと言います。僕も最近アフィリエイトをはじめたんですが、アクセスも少ないですし、とにかくクリックが全然されなくて、困っています。
    それでいろいろ調べていたところ、このサイトにたどり着きました。

    このバナーとテキストの使い分けは、衝撃的でした。こういう風に考えているのかと目からうろこでした。
    自分のバナーがクリックされない理由がよくわかりました。もっと勉強して、稼げるようになるまで頑張ります!
    いい情報をありがとうございました。

    • コウジ より:

      ジミーさん
      はじめまして(^^)
      誰もが、広告と言えばバナーと思ってしまいがちですよね。
      でも実はテキストという形でもクリックされると言うことを知るだけで、
      かなりアフィリエイトの幅が広がるんですよね。

      ぜひうまくテキスト広告を活かして、アフィリエイターとして稼げるようになって下さいね(^^)

  2. ともちん より:

    コウジさん、こんにちは。
    ともちんと言います。
    バナー広告ではなくテキスト広告の方が、
    クリックされやすいってことなんですね。
    抵抗なくクリックされる工夫しないといけませんね。

    • koukou5023 より:

      ともちんさん

      必ずしもテキスト広告のほうがクリックされやすいとは限りませんが、
      バナー広告よりも抵抗が少ないのがメリットですので、
      使い分けが大事になりますね。

      そこを判断できるようになるには、常に読者目線で自分のブログを見るように
      意識していけばいいですね(^^)

  3. 秋山 より:

    初めまして、秋山と申します。
    ブログランキングより訪問させて頂きました。

    クリック率を高める方法、非常に参考になりました。
    電車の中吊り広告との比較はスゴくわかりやすかったです!

    広告らしさをなくして自然に溶け込ませるスキルはまだまだ奥が深そうですね。

    応援完了です!
    また訪問させて頂きます。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします(*^-^)

    • koukou5023 より:

      秋山さん

      はじめまして(^^)
      バナーとテキストの広告の使い分けって、本当にいろんなパターんがあるんですよね。
      ブログの内容やデザインによっても変わってきますし、長くやっていても、常に改善の余地があります。
      秋山さんのおっしゃる通り、本当に奥が深いです。

      ただ、ポイントが掴めるようになると、ベストに近い配置が自然とできるようにもなります。
      後は、検証を繰り返しながらクリック率と購買率があがるように微調整していくという、
      地道な作業の繰り返しですね。

      お互い頑張りましょうね(^^)

  4. プラナ より:

    コウジさん、こんにちは!

    バナーやテキスト広告は使ってますが、
    貼っておけば・・・という感覚だったので
    とても良い勉強になりました。

    そこを意識しながら記事を書いていこうと
    思います。
    アフィリエイトもまだまだ勉強の日々です。
    ありがとうございます。

    • koukou5023 より:

      プラナさん

      貼っておけば、という気持ちはとてもよくわかります。
      僕も最初はそうでした。

      そこを脱却して、読者目線でバナーの配置を考えられるようになると、
      突然稼げるようになるんですよね。

      ともに頑張りましょう!