そこが知りたい!シリーズ

誰もが知りたいのに、なかなか教えてくれないレアな内容を暴露しています。
これを知るだけで劇的に稼げるようになるテクニックから、ちょっとしたおもしろエピソードまで、こっそり教えます(^^)




労働収入と権利収入~今は簡単に権利収入を得られる時代~

労働収入とは

働いて得られるお金の事で、

サラリーマンやアルバイト、自営業などがこれにあたります。

次に権利収入は、

いわゆる不労所得とも呼ばれるもので、

働かなくても自動的に得られる収入の事を言います。

例えば、

以下のものがそれにあたります。

・不動産による家賃収入

・本、作詞・作曲、著作物などによる印税

日本人は、

ひたいに汗して働くことが美徳だと

考える習慣が今でも根強く、

働かずにお金を稼ぐなんて

悪い事だと考えてしまう傾向にあります。

しかし、どちらの方法で稼いでも

お金はお金ですし、

実際によりたくさんお金を

稼げるのはどちらかというと、

だんぜん権利収入のほうが稼げます。

なぜなら、労働収入は

時間と労力の対価としてもらっているもの

であるため、どうしても限界があるからです。

時間や労力は「有限」です。

どんなに頑張っても、誰もが平等に

24時間しか与えられていませんし、

人間の体力には限界があります。

24時間不眠不休で働き続ける事はできません。

それに対して

権利収入には限界がありません。

ビルやマンションを持っていれば、

それだけで何もせずに家賃収入が

入ってきます。

本などの著作物を持っていれば、

それが売れ続ける限り

収入が入ってきます。

収入を生み出してくれる資産を

持てば持つほど、

限界なく収入は増えていきます。

なので本来なら、働くよりも

どうやったら資産を持てるかを

考えていくべきなのです。

しかし現実には、資産を持とうと

考える人は少なく、

働いてお金をもらおうと

考える人がほとんどです。

それはなぜかと言うと、

・不動産を持つにはそれだけの資金が必要

・印税を得るには、それだけの才能が必要

というイメージが定着してしまっているからです。

そのため、資産を持つ事自体、

もともとお金持ちであったり、

一部の才能ある人たちだけの話で

自分にはできない事だと

決めつけてしまっているのです。

確かにビルやマンションを

所有するには最低でも億単位のお金が

必要になります。

また、売れるような著作物を作る事も

そう簡単なことではないと思います。

インターネットで変わるお金の稼ぎ方

しかし、

インターネットが普及した現在では

いくらでも権利収入を作る方法があります。

それがYouTubeであり、ネットビジネスなのです。

YouTubeは簡単に始める事ができ、

しかも一切お金がかかりません。

自分が投稿した動画は

その後何もすることなく、

自分の資産としてお金を稼いでくれます。

ネットビジネスでお金を稼いだ事が

ない人でも、初月から

収入が発生するくらい簡単です。

実際、僕もさまざまな

ネットビジネスに挑戦し、

いったん挫折した後、

YouTubeに挑戦しました。

そこではじめて収入を得ることが

できるようになったのです。

そしていつのまにか

YouTubeの収入が生活の基盤となり、

そこから改めて挑戦した

ネットビジネスまでもが

成功してしまうという好循環になっていきました。

YouTubeは初心者が始めるには

もっとも簡単な部類に入ると

思いますので、

今の収入に不安のある方は

まずYouTubeから始めて見ることを

強くおすすめします。

ネットビジネスを始めたいという人にも

入り口として最適です。

働く事は、人生を切り売りすること

働いてお金をもらうということは、

「あなたの貴重な人生を売る」

という事です。

ほとんどの労働者は、

1日の大半を会社で過ごします。

やりたくもないつらい仕事をこなし、

ヘトヘトになって帰り、

僅かな時間で食事やお風呂、睡眠を取り

また朝から会社へ行く・・

よく考えれば本当に恐ろしい事です。

しかし、権利収入があれば

その状況はまさに逆転します。

自分の時間を有意義に過ごし、

やりたいことも好きな時にできます。

仕事や人間関係に

悩まなくても済みますし、

なにより経済的に豊かになれます。

まだはじめていない人は、

まずは始めることが第一歩です!

YouTubeの始め方はこちらで丁寧に説明しています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

YouTube開始マニュアル

それでは、コウジでした!


この記事がお役に立てましたら、
シェアやお気に入りに追加してくれると嬉しいです(^^)

~合わせて読みたい!同じカテゴリーの記事~