そこが知りたい!シリーズ

誰もが知りたいのに、なかなか教えてくれないレアな内容を暴露しています。
これを知るだけで劇的に稼げるようになるテクニックから、ちょっとしたおもしろエピソードまで、こっそり教えます(^^)




YouTubeの自己クリックに対するペナルティについて

自分の投稿した動画につく広告。

これを自分でクリックしたら

どうなるのでしょうか。

YouTubeは、

IPアドレスなどから、本人が

自分でクリックしていないかを

厳しく監視しています。

そして、故意に

自己クリックしていると

判断された場合は

無効なクリックとして

グーグルポリシー違反となり、

収益の発生を30日間停止されてしまいます。

一度この警告をくらってしまうと、

30日間はただ停止が

解除されるのを待つしかありません。

基本的には、意義申し立ても

認められません。

ですので、自己クリックは

なんのメリットも

ありませんので

絶対にやめましょうね。

ちなみに、30日たつと自動的に解除されます。

なお、確認のために

自分の動画を再生するだけなら、

まったく問題はありません。


また、広告を消そうとして

×を押すつもりが

あやまって広告を

クリックしてしまう事も

あります。

しかし、システムが

クリックされた位置

測定して、故意なのか

消そうとしてクリックして

しまったものかを

判断するため、

その場合は大丈夫だと思います。

ただし、あまり頻繁だと

故意だと判断されて

しまう場合もありますので、

気をつけましょうね。

それでは、コウジでした!

risk0


この記事がお役に立てましたら、
シェアやお気に入りに追加してくれると嬉しいです(^^)

~合わせて読みたい!同じカテゴリーの記事~