そこが知りたい!シリーズ

誰もが知りたいのに、なかなか教えてくれないレアな内容を暴露しています。
これを知るだけで劇的に稼げるようになるテクニックから、ちょっとしたおもしろエピソードまで、こっそり教えます(^^)




YouTubeで再生回数を増やす方法!「終了画面」がかなり使える!

先月、YouTubeに

あらたに追加された

「終了画面」

さっそく僕も

膨大な数の動画を、

1日がかりで終了画面に

設定し直しました。

終了画面は、アノテーションと

併用することができないため、

どちらかを選ばないといけない

のですが、正直言って、

アノテーション機能は

あまり効果を感じていませんでした。

というのも、

アノテーション機能は

パソコン画面にしか

表示されない上、

文字のみでの誘導のため、

視聴者に「次も見たい」と

思わせるインパクトが少なく、

どうしても視聴者は

関連動画を中心に動画を

回遊してしまいます。

しかし、

関連動画は自分の動画ばかりでなく

他人の動画も表示されてしまうので、

自分のチャンネル内の動画から

離れられてしまう

事もおおいにありえます。

そこで今回追加された

終了画面が役立ちます。

終了画面の最大の改善ポイントは

なんといっても

スマホにも表示されること。

最近では、パソコンよりも

スマホユーザーのほうが

視聴者が多くなりつつあり、

近い将来、間違いなく

ほぼすべての視聴者が

スマホになるでしょう。

ですから、

パソコンにしか表示されない

アノテーションよりも

格段に効果が上がると思います。

そして、

動画の後半の画面内に

サムネイル画像で表示される

のも大きいですね。

サムネイル画像が表示される

ことにより、画像として

関連動画と同じように

視聴者に動画をアピールできます。

そして、アピールできるのが、

自分の動画であるため、

どんどん自分のチャンネル内の

動画を回遊してもらえます。

ですから、これまで

効果の少なかった

アノテーションよりも

再生回数アップに役立ちます。

効果を検証!その結果は?

そこで僕もさっそく

効果を検証してみましたが、

きっちり数字を図ってみると、

なんとトータル再生回数が

1.5倍にもアップしました!

これは大きい!!

他のチャンネルへのリンクや、

チャンネル登録を促すことも

できますので、

非常にいい機能だと思います。

動画がたくさんある人は、

全部変えるのは

けっこう大変だと思いますが、

それだけの価値があると思います。

アノテーションに

効果が感じられなかった人や、

これから動画を投稿していく方で

アノテーションとどちらがいいか

迷っている人は、

絶対に終了画面を使うことを

おすすめします。

デメリットはあるのか

あえてデメリットをあげる

とするなら、

表記できる要素が

全部で4つしかないこと。

ひとつをチャンネル登録の

お願いに使うと、

アピールできる動画は

3つまでになります。

そして、

最新のアップロード、

視聴者に適したコンテンツという

自動機能もありますので、

これらを4つの要素に

どのように割り振るかは、

自分の状況によって

よく考えて使っていく必要があるでしょう。

僕の場合は、今はあえて

チャンネル登録のお願いを使わず

「最新のアップロード」

「視聴者に適したコンテンツ」

そして自分の勧めたい動画を2つ

表示して回遊性を高める形を

試してみています。

チャンネル登録者数を優先する

のもよいと思いますし、

いろいろと使い方があると思います。

みなさんも自分にあった使い方で、

再生回数アップを目指して下さい!

終了画面への切替方法については

こちらで説明しています。

↓↓↓↓↓

新機能!終了画面とアノテーションについて

それでは、コウジでした!


この記事がお役に立てましたら、
シェアやお気に入りに追加してくれると嬉しいです(^^)

~合わせて読みたい!同じカテゴリーの記事~