そこが知りたい!シリーズ

誰もが知りたいのに、なかなか教えてくれないレアな内容を暴露しています。
これを知るだけで劇的に稼げるようになるテクニックから、ちょっとしたおもしろエピソードまで、こっそり教えます(^^)




YouTubeで稼ぐ仕組みとその方法~全てが無料で利用できるのはなぜ?~

そもそもYouTubeって何?

YouTubeは、Google社の運営する

世界最大の動画共有サービスです。

動画は、あなたを含む一般の

利用者が自由に投稿でき、

それを他の利用者も自由に閲覧できます。

つまり、誰でも動画を投稿でき、

誰でもその動画を見ることが

できるサービスです。

しかも、

そのサービスは無料で利用でき、

なおかつ動画を投稿した人は

収入まで発生するというシステム

になっています。

ですが、そんなサービスを提供して

YouTube側にメリットはあるのでしょうか。


収入が発生する仕組み

動画を見ている人は、無料で動画を

見るだけ。

動画を投稿する人も、無料で

動画を投稿できます。

それなのに、なぜ収入が発生するのでしょうか。

それは、動画が再生されている

途中に自動的に挿入される「広告」。

広告がクリックされると動画を

投稿したあなたに報酬が支払われる

仕組みとなっています。

例えば、自社の映画を宣伝したい

映画会社がYouTubeに

広告の掲載を依頼します。

YouTubeは、複数の動画の途中に

その映画の広告を挿入し、

興味のある人がクリックした

数だけ、映画会社に

広告料を請求します。

そのうちの一部が、動画を投稿した

人へ報酬として支払われるのです。

つまりあなたが動画を投稿すると、

あなたの知らない間に映画の

宣伝に一役買い、その報酬として

収入が発生するという仕組みなのです。


YouTubeはなぜこのような仕組みを提供するのか

YouTubeが欲しいのは、企業からの

広告収入による収益です。

そのためにはたくさんの、

いろんなジャンルの動画が必要です。

しかし、その動画を自分の会社の

社員で作ろうとしたら、

大変だし大した数は作れません。

しかし、動画を一般の人に作って

貰えれば、何もしなくても

ものすごい数の動画が

投稿されてくるわけです。

ですが、ただ動画を投稿して

もらおうと思って待っていても、

なかなか数は集まりません。

そこで、

「完全無料で投稿ができて、

しかも報酬も支払いますよ」

いうサービスにしているわけです。

だからこそ、世界中からたくさんの

動画が日々投稿され続けているのです。

あとは、そこに広告を表示して企業から

広告料を徴収すればいいだけ。

企業から徴収した広告料の

ほんの一部を投稿者に支払うだけで

済むのです。

つまり、YouTubeも儲かり、

なおかつ動画を投稿する人も、

動画を見る人も、宣伝をしたい

企業も、みんながうれしい

非常にすぐれたシステムなのです。


やってみないとはじまらない

YouTubeで報酬がもらえる理由に

ついてお話しました。

うさんくさい話でもなんでもなく、

YouTubeが利益を得るために

提供しているサービスなのです。

無料で始められて、正当な報酬まで貰える

ので、今後ますます動画の

投稿者は増え続けるでしょう。

数年後には、ネット上の情報の

ほとんどが動画でのサービスになる

とまで言われています。

今始めないと、気がついた時には

もう乗り遅れていた、なんて事に

なりかねません。

しかし、

「そもそも動画の作り方がわからない」

と思う方も多いでしょう。

でも、安心して下さい。

実は動画を作ること自体は、

びっくりするくらい簡単です。

もちろんお金なんてかかりません。

パソコンさえあれば、誰でも簡単に作れます。

むしろ、パソコンがなくても

スマホだけで動画を投稿することも可能です。

ですので少しでも興味のある方は、

すぐにでも取り組んでほしいと思います。

動画の作り方はこちらで説明しています。

パソコンで動画を作る方法

スマホで動画を作る方法

それではコウジでした。

Youtubeでどうしても成功したい!でも、頑張ってもなかなかうまくいかない。
もし成功する方法がわかるなら、教材だって買ってもいい!
そう思える人はこちらをご覧ください。僕が唯一お勧めするYoutuberのバイブルをご紹介します。
知っている人は成功し、知らない人は損をする。ネットビジネスは、結局そういう世界です。↓ ↓ ↓
著作権違反が不安の方へ~YouTubeで安全に動画を投稿するためには~
Youtubeで稼いでいく上で、 常に問題になるのが 「著作権」ですよね。 僕も、 YouT...

この記事がお役に立てましたら、
シェアやお気に入りに追加してくれると嬉しいです(^^)

~合わせて読みたい!同じカテゴリーの記事~